体は食べるもので出来ている①

犬 猫

飼い主さんはみな動物たち家族の健康を願っています。

では、健康でいるためにはどうしたらいいのでしょうか?

体は食べた物、口に入れたもので出来ています。

「何を食べるか」や、「どんなものを食べるか」で体は変わります。

出来るだけ良質な素材のフード、出来るだけ自然に近い食べ物を体に取り

の栄養を体に摂り入れてあげましょう。

~食べ物に気を付ける事~

それが健康維持には欠かせない大事な事なのです。

口から入ったものが体の中に入り、栄養が吸収され体が作られます。

体は細胞がたくさん集まって出来た協力集合体です。

細胞の1つ1つが元気であると、生き物は健康になり、病気になりにくくなるのです。

健康な細胞を作るためには、質が良く、ちゃんと吸収ができる栄養を隅々まで届けなければなりません。

健康は食べ物が基本です。

しかし、体はすぐに変わるものではありません。

毎日毎日の積み重ねなのです。

何事も小さなことをコツコツ続ける「凡事徹底」がやがて大きな成果を生みますが、健康も同じことが言えます。

もし、今ねこちゃんやわんちゃんの体調が悪いとしたら、まず食べ物を見直してみてください。

そして、すぐに変化しないとしても、長い目で見て体が健康を取り戻せるように、私たち飼い主が方向転換をしてあげましょう。

どんなものを食べればいいのか。ちょっとしたことに飼い主さんが気づくことができれば、元気に過ごしながら寿命をまっとうする事だって可能なのです。

では健康な体を作るために、体の中に入れる栄養はどんなものがいいでしょうか?

そう、出来るだけ人工的なものを入れないようにした方がいいですね!

なぜ人工的なものがよくないのか。

それは人工的なものは本来体は必要としているものではないからです。

今までお話ししたように、口から入るもので体は作られています。

良質なものを食べているのか、質の悪いものを食べているのか。

自然に近いものを食べているのか、添加物の多いものを食べているのか。

添加物の中でも特に「無機リン」はねこちゃんの腎臓を痛めてしまう事がわかっています。

私たちの食事を含め、加工品には入っている確率がとても高まります。

特に日ごろから腎臓を駆使するねこちゃん達は添加物が入っていないものを選択し、新鮮なたんぱく質をご家庭でご家庭で用意してあげることも大切になってきますね。

その差だけでも病気になる、ならないの大きな影響力があります。

ヴィジョンズはいつも可愛いねこちゃん、ワンちゃんのために、飼い主さんがしっかりと選ぶ目を持って頂きたいと思っております。

そのためには私たちはいつも全力でサポートさせていただききたいと考えています。

次回は食べ物がもつ栄養について考えてみたいと思います。

















関連記事

  1. 体は食べるもので出来ている③

  2. 8月のご挨拶

  3. 海辺を歩く犬のイラスト

    地面はアースEARTH

  4. 白い子犬 白い子猫

    白内障予防していますか??

  5. ビーチで走っている2匹の犬

    正しく体を動かすために!

  6. 茶色い猫

    食欲の秋は猫たちにもわかる??